MEMBER役員紹介

TOP MESSAGE代表メッセージ

 ポールスターオキナワゲートウェイでは、アジア展開を目指す県内企業のブランド開発や人材育成をお手伝いしています。香港と沖縄を中心に各国を行き来する中、沖縄が日本をはじめアジア各国をリードする大きな可能性を持つ奇跡の島であると感じています。
 まずは移動時間の短さが挙げられます。那覇-台北1時間15分、那覇-ソウル2時間15分、那覇-上海2時間半、那覇-香港2時間半、那覇-バンコク4時間。定期便はありませんが那覇-マニラ3時間、那覇-ホーチミン4時間となっています。
ちなみに那覇-北海道は4時間。国内移動と同様の距離のエリアに、発展が目覚ましいアジアの主要都市があり、そこには20億人の市場が広がっています。
 また、格安航空会社(LCC)の就航数が増え、これらの国々から片道数千円で那覇に来る事ができるのも魅力的です。現在、那覇空港の拡張やホテル建設が着々と進められていますが、今後も観光客が増えていく可能性は大きいです。
 沖縄においては、こうした観光客の期待に応える、世界のリゾート地に負けないソフト面とハード面での進歩と発展が必要です。そして、多くのアジアの方々が訪れる環境ができる事で、日本企業のアジア進出に向けてのテストマーケティングの地となる可能性が生まれてきます。
 さらには日本に進出したい海外の企業のテストマーケティングの地になりうる可能性も秘めていると思います。
中継貿易、加工貿易で発展し、周辺地域の活力を取り込んで成長を遂げていった香港と同様のポテンシャルが沖縄にはあると感じます。※沖縄と香港を数値で比較すると香港は、面積1,104k㎡(約48%)、人口は740万人(約5.1倍)、GDP35.4兆円(約7.7倍)です。
 発展する好機と言える今、沖縄は謙虚に他国の良さを学びながら、独自の寛容性を持って多くの文化を受け入れる事で、日本、アジア各国をリードできる場所になっていきます。
 さらに世界に目を向けると、世界中でテクノロジーの進化によって引き起こされる時代の地殻変動は、加速しています。
ここ沖縄より、私たちはテクノロジーの進化によって引き起こされる「情報革命」を企業のマーケティング活動や良い職場環境作りに活かすためのAI、ITソリューションも提案して参ります。
 そしていかに沖縄の未来へ貢献できるのかを常に考え、挑戦し続けていきたいと思います。大いなる可能性を秘めた奇跡の島で、未来の成長に向けた準備を一緒に進めていきましょう!

株式会社Polestar Okinawa Gateway 代表取締役社長
笠木 多聞

BOARD MEMBER役員紹介

金井 孟

金井 孟(かない たけし)取締役会長

日本と韓国の両国で株式上場経験を持つ。
建築、不動産,IT、モバイルの事業に従事した経験を活かして沖縄におけるインバウンド外国人向け宿泊事業、電力販売の完全自由化に伴う東京電力との協業事業、iOT活用ランドリー事業を手掛ける傍2020東京オリンピックで正式種目となった3人制プロバスケットボール競技、そのプロチーム「SEKAIE」オーナーとして世界を狙いオリンピアンの育成に注力している。

笠木 多聞

笠木 多聞(かさぎ たもん)代表取締役社長

1982年生まれ、兵庫県出身。2005年、山口大学卒業後、三越に入社。
銀座三越などで「堂島ロール」で知られる洋菓子製造・販売の「モンシェール」などの出店を担当した。
2010年、モンシェールに入社し、社長室長、香港支社長を歴任。
2016年には、Zero Ocean International Limited を立ち上げ、日本、香港、中国において洋菓子や和菓子の製造、抹茶カフェ出店なども手掛ける。2018年から現職。現地での経験を生かし、県内企業のアジア進出をサポートする。
アジアを行き来する中で見える沖縄の将来像を愚直に具現化したい。

設立・運営会社
・Zero Ocean International Limited
・Zero Ocean Marketing & Service Limited

與那覇 仁

與那覇 仁(よなは じん)取締役

沖縄の素材を中心に生産・加工・販売する6次化商社沖縄特産販売を立ち上げ創業25年。沖縄特有の柑橘類シークワーサーのリーディングカンパニーとして国内外に販売網を拡げる。
2018年に地方の一次産業を活性化することを目的に設立し478COMPANY(ヨナハカンパニー)のCEOに就任。食品商社、IT系企業、建設会社などの取締役や顧問として幅広く従事。
2018年12月に沖縄ポールスターゲートウェイの取締役に就任。

宮平 智

宮平 智(みやひら さとし)取締役 営業部長

1971年生まれ、沖縄県出身。
1988年、夏の甲子園。沖縄水産の控え投手として一期上の先輩に交じりベスト4を体験。
1989年、沖縄水産エース。
高校卒業後の90年からの約3年間、伊藤忠系IT企業にて伊藤忠ネットワークセンターでの運用、外資系クライアント、そのデータセンター立ち上げを体験。

大学卒業後、県内設計事務所に勤務、管理公園型墓地の開発業務に従事する。
2001年 独立。霊園開発コンサルティング会社を設立、中国福建省との石材輸入業を兼務。
2013年、県内商社にて、環境エネルギーマネジメント業務に着任し、浄水場等公共施設への再生エネルギーシステムの導入を行う。

2019年1月、着任にあたり、これまで培ってきた環境ビジネスにAI・IoTを統合的に提案する事で、企業や工場等の職場環境の改善に寄与したい。

辻内 岳晴

辻内 岳晴(つじうち たけはる)取締役

東京にて卸売業、沖縄にて不動産建築業、税理士事務所勤務後、中小企業の経営や財務コンサルティングを手掛ける集客OKINAWAを設立。
沖縄県内を中心にIT・建設・飲食・ブライダル・食品製造業等、クライアントの業種は多岐にわたる。業種の垣根を超えての仕事を繰り返す事で得られた経験より、企業間のコーディネートを実施、クライアント企業の持続的成長を支える。宅建(宅地建物取引士)資格保有。

水野 満(みずの みつる)監査役

関西国際空港の開港に伴い、ロイヤルグループRIACにて品質管理室の立ち上げ、JALグループのAASCにて航空機内食製造施設およびセントラルキッチンの衛生管理体制を構築し、中国や韓国など、海外の食品工場の衛生指導にも従事。

その後、イオン㈱の品質管理部門にてPB製品の開発および工場の選定、衛生指導に従事。
現在は微生物の分析、飲食店や食品工場の衛生管理体制のコンサルティングを行っている。

菊川 昌彦

菊川 昌彦(きくかわ まさひこ)特別顧問

1995年株式会社ファミリーマートに入社。営業、商品部、海外事業部を約7年ずつ経験。

2010年、小売業の日本初進出となるベトナムファミリーマートの駐在員として派遣され、おむすびやおでん等の中食文化の育成をはじめ、ベトナムのコンビニエンスストアの基礎を築きあげる。その後、マレーシアのファミリーマートの立ち上げ業務の為マレーシアに赴任。
立ち上げ後、ベトナムに戻り、ISSHO ASIA CO., Ltdを設立。
ベトナム進出支援、現地に合わせた商品開発支援、企業戦略、ブランディング等のコンサルタント業務を行なっている。

NGUYEN THUY AN

NGUYEN THUY AN(グエン・トゥイ・アン)エグゼクティブコーディネーター

ベトナム Tien Giang 省 出身。Foreign Trade University を卒業後、日系企業向けの人材紹介会社を立上げ、1年後には会社を売却。日本の人材派遣会社エンジャパンに転職し東京都西新宿にある本社で1年ほどトレーニングを受けた後、エンジャパンが買収したベトナム最大規模の人材サービス会社Navigos(ナビゴス)に出向。3年間、日系企業向けの営業や、ベトナム人の採用、プロジェクトリーダーなど経験する中で、日本企業との連携による新たなビジネスの可能性を見出す。
2017年7月にNavigosを退職後、EDEN PARKを立ち上げ現在はベトナムへの進出を目指す日系企業をサポートしている。